e-クーリングオフ.jpロゴ
当サイト運営事務所 リンク集
 点検商法の被害例

 点検商法の被害例と対処法

点検商法の被害例
 先週の日曜日に、布団業者と名乗る男の人が自宅を訪ねてきました。布団の無料点検を行っているとのことでした。今使っている布団を少しだけみたいというので、無料ならいいかなと気軽にみせました。すると、その人は「少し待っていてください」といって、私の布団を持っていきました。何分かすると、別の布団を持ってきて「あなたの布団は交換の時期に来ています。すぐに新しいものと交換すべきです」といいました。今はお金もないし、これまで使っていた布団で特に不便はないので「新しい布団はいりません。お金もありません。私の布団を返してください」といいましたが、「安くするから」とか「布団の点検をさせておいていまさら必要ないとはなにごとか」などといって取り合ってくれません。その人の態度も最初と違って、とても怖かったです。最後のほうになると「いい加減にしていただかないと大変なことになりますよ」といわれました。私はとにかく早く帰ってほしかったので、40万円もするクレジット契約をむすんでしまいました。解約したいけど怖いです。どうしたらいいでしょうか。
点検商法の対処法
 古典的商法ですが、現在においてもあいかわらず存在します。被害者のかたは本当に怖い思いをされています。当然ながら、訪問販売に該当しますから8日間に期間はクーリングオフが出来ます。また、消費者契約法の「不退去」の規定によっても取り消しできます。しかも、この業者の行っている行為は特定商取引法の禁止行為を平然と行っています。警察を含め、行政に行政処分申し立てなどをしましょう。クーリングオフを行ったにもかかわらず、嫌がらせなどを行ってきた場合もありますので、すぐに110番しましょう。
  クーリングオフ豆知識
訪問販売のクーリングオフ可能期間は、法定の契約書面の交付日から8日間
適用対象は、店舗外での取引(政令で定める指定商品・指定権利・指定役務の取引)となります。
 
 
   
MENU
クーリングオフ無料判定依頼
クーリングオフ代行サービスについて
当サービス利用のメリット
クーリングオフ制度について
クーリングオフできる場合
クーリングオフ期間一覧表

悪徳商法の被害例とその対処法
消費者契約法について

生活相談事例集NEW!
相談機関一覧表
リンク集
よくある質問
当サイトについて
プライバシーポリシー
当事務所について
クーリングオフJAPAN

 
クーリングオフ.jpはさいたま中央法務事務所が運営しております。
Copyrights (C) login,INC. All Rights Reserved.