e-クーリングオフ.jpロゴ
当サイト運営事務所 リンク集
 クーリングオフ代行サービス

 クーリングオフ可能期間

 クーリング・オフが可能な期間は一般的に8日間などと言われていますが、契約内容によって日数が違うことをご存知でしょうか?

 下記に、それぞれの契約毎の期間を表にしてみましたがここで注意すべきはクーリングオフの起算日は契約日ではなく契約書の受領日ということです。ここがもっとも勘違いされる部分で、契約したから8日経ってしまったからもうクーリングオフができないと諦められる方が多数いらっしゃるようです。

 さらに、法的にはクーリングオフの通知は発信した時点で効果を生じるということも覚えておくとよいのではないでしょうか?
 
種類
期間
適用対象
訪問販売 法定の契約書面の交付日から8日間 店舗外での取引(政令で定める指定商品・指定権利・指定役務の取引)
電話勧誘販売 法定の契約書面の交付日から8日間 店舗外での取引(政令で定める指定商品・指定権利・指定役務の取引)
連鎖販売取引
(マルチ商法)
法定の契約書面の交付日又は商品の受領日のどちらか遅い日から20日間 すべて
内職・モニター商法 法定の契約書面を受領した日から20日間 すべて
特定継続的役務提供 法定の契約書面の交付日から8日間 エステ・外国語会話教室・学習塾・家庭教師派遣
割賦販売 クーリングオフ制度の告知の日から8日間 店舗外でのクレジット契約(政令指定商品)
クレジット契約 クーリングオフ制度の告知の日から8日間 店舗外でのクレジット契約(政令指定商品)
現物まがい商法 法定の契約書面の交付日から14日間 特定商品・施設利用権の委託取引
宅地建物取引  クーリングオフ制度の告知の日から8日間 宅地建物取引業者が売主で店舗外での取引
生命・損害保険契約 クーリング・オフができることの書面を交付された日と申込みをした日とのいずれか遅い日から8日間
保険期間1年以下の契約を除く
ゴルフ場会員契約 法定の契約書面の交付日から8日間 50万円以上でOPEN前の新規募集
投資顧問契約 法定の契約書面の交付日から10日間 投資顧問業者(許可業者)との契約ただし、清算業務あり
海外先物取引 海外先物取引の基本契約締結の翌日から14日間 事務所以外での取引で指定市場・商品の取引
冠婚葬祭互助会契約 約款の受領日から8日以内、ただし法律ではなく標準約款による規則 冠婚葬祭互助会への加入
商品ファンド契約 契約書面を受領日から10日以内 すべて
不動産共同投資契約 契約書面を受領日から8日以内 すべて
小口債権売買契約 契約書面を受領日から8日以内 すべて

ざくっと紹介しましたが、なかなか専門知識がないと難しいものです。こういうことも含めて当サイトでは、専門家によるクーリングオフの代行をオススメしています。

関連リンク
クーリングオフできる場合とできない場合
クーリングオフ制度について
資格商法の被害例と対処法
点検商法の被害例と対処法
内職商法の被害例と対処法
催眠商法(SF商法)の被害例と対処法
おとり商法の被害例と対処法
エステサービスの被害例と対処法
かたり商法の被害例と対処法


クーリングオフ無料判定サービスへ

   
MENU
クーリングオフ無料判定依頼
クーリングオフ代行サービスについて
当サービス利用のメリット
クーリングオフ制度について
クーリングオフできる場合
クーリングオフ期間一覧表

悪徳商法の被害例とその対処法
消費者契約法について

生活相談事例集NEW!
相談機関一覧表
リンク集
よくある質問
当サイトについて
プライバシーポリシー
当事務所について
クーリングオフJAPAN

 
クーリングオフ.jpはさいたま中央法務事務所が運営しております。
Copyrights (C) login,INC. All Rights Reserved.